オススメサイトの更新情報
2010年04月15日

■ クリエイティブさに定評がある時計「Continue Time clock」がすごい

continue_time_14

僕の場合、時計といえば一番に思いつくのは四角や丸い形をしたものです。しかし時計というのはそんなきまった形だけじゃないようです。

今回はカタチが時間によって変わる「Continue Time clock」をご紹介します。

continue_time_14
こちらが「Continue Time clock」。丸や四角じゃないです。針そのものが「時計」となっています。

こちらの時計、Sander Mulderというデザインスタジオさんが製作したモノなんですが、なんでもスタジオにかけてあった時計のカバーが落下した時、剥き出しの時計を見てこのデザインを思いつかれたそうです。

continue_time_13
時針の先端に分針、その先に秒針がくっついています。

continue_time_16
歯車の部分はむき出し。ですがこれも高級感を出してていい感じです。

以下が実際に動作した時の動画。製造過程もご覧になれます。

Continue Time - kinetic artwork / functional clock on Vimeo

Continue Time - kinetic artwork / functional clock from Sander Mulder on Vimeo.


ozony at 20:00コメント(5)トラックバック(0) この記事をクリップ! ガジェット | 動画twitterでつぶやく
トラックバックURL
コメント一覧
1. Posted by 無農薬名無し産   2010年04月15日 20:38
欲しくない
2. Posted by 無農薬名無し産   2010年04月15日 21:45
オレは欲しい
アイデアが気に入った
デザインもいい
3. Posted by 無農薬名無し産   2010年04月15日 23:04
俺も欲しい
4. Posted by 無能役銘無し産   2010年04月15日 23:12
バグだ。
フラッシュで時計の待ち受け作る時に座標計算間違えるとこんなのが出来る。
5. Posted by 無農薬名無し産   2010年04月16日 16:31
うねうね〜
コメントする
名前:
 
 



Copyright(c) 2007-2011 yasai All rights reserved.

お使いのブラウザには対応していません。